虫歯になりにくい食生活について紹介しているサイト

>

虫歯になりにくい食材とは

この記事をシェアする

繊維質の多い食品

体内環境を整える上で繊維は大切であることは有名ですが、歯や口腔内の健康においても繊維質は大切です。
まず、繊維は体内と同じく歯の表面を掃除するのにも役立ちます。
葉物の野菜やリンゴなどの果物が良い例です。

これらをできれば食事の最後に摂ることで食事で汚れた口腔内の掃除ができます。
汚く感じるかもしれませんが、食事においても歯に良い影響と悪い影響のあるものがあるので、良い影響のあるものを毎日の食事に少しづつ取り入れるようにすることで歯や口腔内が汚れている時間を短縮できます。

繊維質は歯の表面にとどまることも無いので、安心して摂ることができるのもありがたいです。
サラダや汁ものなどで気軽に摂っていきましょう。

硬さのある食品

硬い食品も歯に良いとされるものの1つで、毎日の食事に取り入れることが推奨されています。
歯というものは噛むことで食材を咀嚼し栄養を体内に取り込みやすくするための前動作をする器官ですが、噛むということ自体にもさまざまな健康効果があるとされています。

よく噛み顎や歯に刺激を与えることは、歳をとっても丈夫な歯を保つことに大いに貢献しますし、脳への刺激にもなると言われています。
特に昨今は柔らかい食品は多く、またそれを好む人も多いため硬い食品自体を避けた食生活をしている人も少なくありません。

少しでも良いのでできれば毎日硬い食品を摂ることで、歯や歯肉を適度に刺激し健康な歯の維持を意識することが大切です。
ブラッシングと併せて硬い食品もプラスしてみてはいかがでしょうか。